安心して泊まれる家~シロアリによる脅威を排除する~

シロアリの被害が気になる人はセルフチェックしてみよう

家が出しているシロアリの被害のサインに気付くことが大切

ちょっと待った!民泊スタート前にできるシロアリの被害チェック

自宅を利用して民泊を始めたいと思っている方は、事前に建物の状態を把握しておくと良いでしょう。ぱっと見た感じでは問題なさそうでも、床下や屋根裏などの見えない場所はシロアリの被害に遭っているかもしれません。

シロアリの被害を確認する方法

築年数と過去のシロアリ駆除歴を確認
築年数が5年以上か、もしくは前回の薬剤散布から5年以上経過している場合はシロアリの被害に遭っている可能性があります。というのも、薬剤の効果は通常5年間とされているため、それ以降はシロアリの被害に遭うリスクが高まってしまうのです。
庭や敷地内に蟻道がないか
シロアリは巣を作り集団で行動します。そして、その巣から家の中までトンネル状の通り道を作ります。この通り道は蟻道と呼ばれるもので、土が盛り上がったような形をしています。庭や敷地内に蟻道があるのであれば、シロアリの被害を疑ったほうが良いかもしれません。
風呂場や玄関先の変化をチェック!
家がシロアリの被害に遭っている場合、柱が下がったり床板を踏んだ時にくぼむような感じを受けたりすることがあります。また、障子や雨戸の建付けが悪くなるのもシロアリ被害のサインなので、とくに風呂場や玄関などの変化には注意しておくようにしましょう。
シロアリの存在を直接確認できるか
シロアリはある程度巣が大きくなると羽アリとなって外に飛び出してきます。これは群飛という行動で4~7月にかけて羽アリが大量に発生します。羽アリが飛び出してきた時間帯が昼間であればヤマトシロアリ、夕方から夜にかけてならイエシロアリの可能性が大きいです。

住居をむしばむシロアリ~日本に生息する種類~

木の上のシロアリ

ひとことでシロアリと言ってもその種類は様々です。シロアリの種類によって駆除に効果的な薬剤も異なってくるので、日本にはどんな種類のシロアリが生息しているのか知っておくと良いでしょう。

シロアリの種類と生態

イエシロアリ
イエシロアリは寒さに弱いので、比較的暖かい地域に生息しています。食害のスピードが速いため、すぐに被害が拡大してしまいます。乾燥に弱い性質を持ってはいますが、イエシロアリは水を運ぶことができるので、乾燥した場所でも木材を湿らせて加害していきます。
ヤマトシロアリ
ヤマトシロアリは寒さに強く、日本各地に生息しています。加害速度はそこまで速いというわけではありませんが、廃材以外にも畳や本、段ボールなどもエサになってしまいます。ヤマトシロアリはイエシロアリのように水を運ぶことはできないため、水回りに被害が集まりやすい傾向にあります。

脅威!外来種のシロアリにご用心!

簡単に駆除できない恐るべきシロアリ

日本に生息しているシロアリは地面の下から家に侵入し、湿った場所を好むという特徴がありました。しかし、外来種であるアメリカカンザイシロアリは日本のシロアリとは正反対の性質を持っています。まず、地面の下から侵入せずに飛んできます。そして、乾いた場所でも生息可能です。外来種のシロアリ予防は日本ではまだ浸透していないため、アメリカカンザイシロアリにとって日本は繁殖しやすい環境と言えるでしょう。

シロアリによる被害の兆候を確認!どうするべき?

調査だけでもOK!気軽に業者に相談しよう

業者の男性

シロアリの被害は気付いた時には手遅れになっていることが少なくありません。シロアリの被害に遭っているという確信はなくても、気になるという人は一度駆除業者に相談して調査に来てもらい、必要であれば駆除や対策をしてもらうようにしましょう。

TOPボタン