安心して泊まれる家〜シロアリによる脅威を排除する〜

シロアリの被害が気になる人はセルフチェックしてみよう

ニーズに合わせた効果的なシロアリ駆除方法を選ぼう

民泊の経営時に確認しておくべきこと

リフォームや増築の際の注意

家のリフォームや増築を検討している人は、シロアリの被害に遭いにくい構造を意識するようにしましょう。なるべく木材が露出しないような構造にしたり、シロアリに食べられない木材を選んだりすることが大切です。設計の段階で、シロアリ対策について詳しい技術者に相談しながら決めるようにしましょう。

海外渡航者と輸入品の注意

海外旅行や輸入で海外から家具などの木製品を持ち込む場合は、シロアリに十分気を付けておく必要があります。日本にはすでにアメリカカンザイシロアリといった外来種のシロアリによる被害が確認されています。アメリカカンザイシロアリは確実に駆除することが難しいシロアリなので、海外から木製品を輸入する際は注意しておきましょう。

シロアリ駆除はどっちで行なうべき?工法の違い

安価なケミカル工法

ケミカル工法はバリア工法とも呼ばれ、その名の通り薬剤を散布した場所にはシロアリが近づかなくなります。薬剤の効果は5年間持続すると言われており、5年以上経ってシロアリの被害がない場合はそれ以降の駆除が必要ないため、費用を抑えることができます。万が一5年以内にシロアリが発生した場合でも保証期間を設けている業者は無料で対応してくれます。

効果の維持に期待ベイト工法

ベイト工法はシロアリがエサを巣に持ち帰るという習性を利用した工法です。エサに見せた薬剤をベイトカップに入れ、家の周りの地面に埋め込みます。その薬剤をシロアリが巣に持ち帰ることで巣を丸ごと死滅させることができます。この工法は定期的にメンテナンスをする必要があるため、その分費用もかかりますが安全性も高く長期にわたって予防効果を発揮します。

TOPボタン